医師

歯科医院開業のための物件

歯科医院を個人で開業するための物件探しは、プロの目線からのアドバイスを参考にすることで、より良い条件の場所を探すことができる場合もあります。
その周辺の環境や住んでいる人の状況、周辺の病院の有無など、幅広い視野を持って探すことが大切です。

土地の広さや駐車場スペースの確保など、その他さまざまな条件が希望に沿っているかを考慮し、月々の支払い金額などについても確認する必要があります。
専門的にサポートしている会社もあります。

物件の歴史と今後
物件とは土地、建物などをいいます。一般的にはアパートとイメージされる方も多いでしょう。

アパートは建物の内部を複数に区切って独立させた住居を言います。昔はこのアパートなどが一般的で、他にマンションといってアパートを更に豪華にしたものをいい、部屋の数や広さに違いがあります。
また、昔の建物では木造住宅が一般的ですがこの近年では鉄筋コンクリート造の建物や重量鉄骨と言われる非常に地震に強い物件など様々です。

歯科医として開業するなら
歯科医として開業するときに悩むことは、どのような物件にしようかということではないでしょうか。
近隣に歯医者がたくさんありすぎる場所は敬遠したくなりますし、住宅やオフィスが遠く人通りが少なかったり、アクセスが悪かったりする場所も避けたいものです。

物件の場所によって開けている時間帯を考える必要があり、例えばオフィス街を選ぶと仕事帰りの人をターゲットに平日の夕方から夜間までが忙しくなることが予想されます。

器具

開業手続について

開業とは、会社を新規で立ち上げ経営し始めることです。
歯科クリニックでは、実施する地域のクリニックの店舗数や診療科目を確認してから手続をすることが必要です。

土地を探して新規で立ち上げる方法もありますが、中古物件を探し改造・改築すると安価に早く開業することができます。
また、費用も抑えることができるので不動産屋を通して、進めると良いです。訪問診療も実施すると収入アップに繋がるので積極的に営業をすることが大切です。

デンタルクリニックの開業について
デンタルクリニックの数はコンビニの数を上回るとも言われており、開業時にいかに良い立地の物件を獲得するかは経営を左右する重要な事項です。

合わせてスタッフの技術力の高さやサービス能力などのソフト面ももちろん重要になってきます。

デンタルクリニックが多い理由として、需要を上回る歯科医が大学を卒業している事実が挙げられます。

データによると需要の2倍近くが国家試験に合格しており、国家試験の難易度を上げるなど、対策を試みているものの、適正な人材量の排出には程遠い状況が継続しているとのことです。

デンタルクリニックの過剰状態は今後も続く見通しで、競争激化は避けられない見込みです。

独立開業するならフランチャイズで
独立開業をするのはとても難しいことで、成功するのはもっと難しいことだと言われています。
それでも独立して食べて行きたいという人には、フランチャイズの利用をおすすめします。

フランチャイズなら、開業に至るまでのマニュアルもきっちり出来上がっているために困ることは何一つなくなります。
商品も本部から回してもらえますし、スタッフの教育などもアドバイスしてもらえます。すでに成功している商売を引き継がせてもらえるわけで、失敗のリスクも減らせます。